公益社団法人小石川法人会青年部会規約
 
第 1 条本会は公益社団法人小石川法人会青年部会と称し、主たる事務所を公益社団法人小石川法人会事務所内に置く。
第 2 条本会は公益社団法人小石川法人会の趣旨に賛同する次の者によって組織する。
1 正 会 員 小石川法人会会員(50才未満、改選期起算)
2 特別会員 50歳未満で正会員2名の推薦と部会長の承認を必要とする。
第 3 条本会は公益社団法人小石川法人会の定款に定める目的に従って法人会の活動を推進すると共に、次代経営者の育成並びに会員相互の親睦を図ることを目的とする。
2 会員は、別に定めるところにより会費を納入するものとする。
第 4 条本会は目的を達成するため、次の事業を行う。
1 法人会活動を活性化するため、組織の拡充、体質の強化について積極的に本部活動を支援する。
2 会員企業の経理能力と税務知識の向上を図るため、講習会、研修会を開催する。
3 会員企業の健全な発展を目指して、講演会、懇談会を開催する。
4 その他会員企業の相互啓発を促進し、強調と連帯を深めるための各種事業を行う。
第 5 条本会に次の役員を置く。
部 会 長  1 名
副部会長  若干名
幹  事  若干名(内2名は会計を兼務)
監  事  2 名
第 6 条役員は総会において会員のなかから選任し、小石川法人会会長の承認を得るものとする。
2 部会長、副部会長、幹事、監事は役員の互選により選任する。
第 7 条部会長は本会を代表し、会務を総括する。
2 副部会長は部会長を補佐し、部会長事故あるときは、その任務を代行する。
第 8 条役員の任期は2年とし、再任を妨げない。(但し役員は50歳を超えてもその任期は有効とする。)
2 役員は欠損が生じた場合は、役員会において後任者を推薦し、次期総会までその職務を代行させることが出来る。
第 9 条本会に顧問、相談役を若干名置くことが出来る。顧問及び相談役は役員会の推薦により部会長がこれを委嘱する。
第10条会議は定時総会、臨時総会及び役員会とし、部会長がこれを招集する。定時総会は、毎年1回事業年度終了後3か月以内に開催する。
第11条総会及び役員会は、会員をもって構成し、その2分の1以上の出席(代理出席及び委任状を含む)を必要とし、出席者の過半数の同意を得て議決する。
2 部会長は総会及び役員会の議長となる。
第12条本会の経費は別に定める会費及び本部補助金を以てこれに充てる。ただし、必要と認められる場合には臨時会費を徴収することができる。
第13条本会の収支予算及び決算は、事業計画及び事業報告と共に、総会終了後本部理事会に提出し、その承認をうけなければならない。
第14条本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
第15条本規約に定められていない事項については公益社団法人小石川法人会の定款を準用する。
2 本規約の改廃は役員会の議決を経なければならない。
 
附      則
 1.本規約は平成5年2月から施行する。
 2.平成11年4月23日本規約第2条及び第3条、第6条、第11条の一部改正。
 3.平成16年5月11日本規約第2条の一部改正。
 4.平成17年4月27日本規約第10条の一部改正。
 5.平成24年6月19日本規約第1条及び第2条、第3条、第10条、第15条の一部改正。
 6.平成25年4月23日本規約第10条及び第15条2項の一部改正。
 7.平成27年3月26日本規約第6条及び第11条の一部改正。
 
 
Copyright(c) 2011 Koishikawa Houjinkai. All rights reserved.